MENU

メリットとデメリットを知って 理想の「中庭がある家」をつくろう!

「周囲の視線」を気にすることなく

太陽の光や風を取り入れたり、お庭でのBBQを楽しんだり。

 

明るく開放的でありながら、プライベートな外空間をもつ「中庭がある家」は

人気が高い間取りです。

シンプルノートの特徴の一つでもあります(^^♪

 

今日は「中庭」の種類や

「中庭のある家」のメリットとデメリットについてご紹介していきますので、

計画する際の参考にしてみてください。

 

【中庭の種類】

 

まず、中庭とは建物の壁で囲まれた屋根のない外空間のことです。

 

中庭の形には、大きく分けて3種類の形があります。

それぞれの違いと特徴をみていきましょう。

 

《コの字型》

 

「コの字型」は、建物をコの字の形で作り、その内側を庭にする形です。

完全に庭を囲むことなく一方が開かれていますから

周囲からの視線を遮りつつ、開放感がある庭にできます。

 

開放された一方を、前庭やガーデニングスペースなどとつなげることで、

プライベート感と同時に広がり感を持たせたり、

フェンスやルーバーを設置することで

よりプライベート感を強めたりすることができます。

 

《ロの字型》

 

「ロの字型」は、建物をロの字の形で作り、その内側を庭にする形です。

4面を建物に囲まれていますから

周囲の視線を気にすることなく、完全にプライベートな中庭にできます。

 

外空間でありながら建物に囲まれていますから、

小さい子供の遊び場として利用した時に、

道路への飛び出しや、不審者に対してはかなり安心感が持てます。

 

ロの字型の中庭を、

広くすればするほど、広い敷地が必要になってきますから、

ロの字型の中庭を持つことを前提とした敷地選びをする必要があります。

 

L字型》

 

「L字型」は、建物をL字の形で作り、その内側を庭にする形です。

建物の2面が中庭に面していますから、

建物がない方向にフェンスやルーバーなどを設置して視線を遮り、

開放感が強い中庭をつくることができます。

 

フェンスやルーバーなどを設置する位置を調整することで、

中庭の広さを狭くしたり広くしたりできますから、

希望の中庭の広さがつくりやすい形です。

 

【中庭のメリット・デメリット】

 

中庭をつくることでのメリットとデメリットの両面を知っておくことは、

間取りを検討するうえでも重要なポイントです。

 

中庭のメリットとデメリットをまとめてみましたので、順にみていきましょう。

 

 

《メリットプライバシーを確保できる》

 

中庭の大きなメリットは、プライバシーを確保できることです。

庭が建物に囲まれているため、

屋外に居ながら周囲の視線を気にする必要がなくなります。

 

室内から見守りやすく、外からは見えにくいので、

子供の遊び場やお洗濯を干す場所としても適しています。

 

《メリット自然の光や風を取り込みやすい》

 

中庭があると、光が取り込みにくい北側の部屋でも

中庭側から自然光を取り込みやすくなります。

 

建物と道路が近い場合であっても中の様子が見えませんから、

いつでもカーテンや窓を開けることができ

自然の光や風を取り込むことができます。

 

《メリット屋外と室内、家族との程よい距離間がつくれる》

 

中庭に面する部屋を多く配置できますから、

それぞれの部屋から中庭を身近に感じることができます。

 

中庭と室内の高さや素材を合わせておくと、

室内と屋外の区切りを感じることなく、

ひと続きの広い空間のように一体的に使うことができます。

 

また、中庭を挟んで部屋が向かい合わせになりますから、

離れた部屋の家族の気配も感じながらも

程よい距離感を保てます。

 

 

《デメリット建築コストが高くなることも》

 

中庭がある家をつくるためには、

中庭を設置できる広さがある土地が必要になります。

 

また、単純な長方形のような形の家と比べると、

中庭のある家は外壁の面積が増える分、外壁にかかる費用が高くなります。

 

単純な長方形のような形の家と比べて上がるコストと、

中庭が持つメリットを比べて

充分納得できるかどうかがポイントとなります。

 

 

《デメリット生活動線が長くなる》

 

中庭を通り抜ければ短い距離であっても、

悪天候の日には中庭を避けて室内をぐるりと回って移動することになり

動線が長くなります。

頻度の高い家事の動線や、

高齢家族の部屋とトイレの動線に配慮した間取りになるよう注意しましょう。

 

《デメリット排水に気を配る必要がある》

 

どんな家でも排水設備があり定期的なお掃除が必要ですが、

中でも中庭の排水は、常に注意を払う必要があります。

 

特にロの字型の中庭は四方を建物に囲まれていますから、

排水設備以外に水の流れる場所がないため、

排水設備が非常に重要になってきます。

 

中庭は、目に留まりやすい場所なので、

落ち葉などに気付いたときにさっとお掃除しやすい場所ですが、

台風やゲリラ豪雨のような大雨の時に備えて

常日頃から排水設備がつまらないようにお掃除をしておきたいところです。

 

 

【まとめ】

 

中庭は建物に囲まれていますから、プライバシーを守りやすいプランです。

 

誰かの視線を気にすることなく、自分がしたいタイミングで、

自宅でBBQやプール遊びを楽しんだり

カーテンや窓を開けて自然の光と風を取り込めるのも

プライバシーが守れる中庭があるからこその贅沢と言えるでしょう。

 

また、中庭を室内と一体的に利用したり、

程よい距離を取るための緩衝空間に利用したりと、

多様な空間利用ができることも魅力です。

 

デメリットはあるものの、

知ったうえで計画すれば、メリットの方が上回る計画ができると思います。

 

「中庭がある家」は、外空間が想像以上にもっと自由に楽しくできます。

今回の記事を参考に中庭がある【シンプルノート】での家づくりを検討してみてくださいね!(^^)!

 

 

« »
カレンダー予約はこちら
ページトップへ