MENU

便利なスマートキー!導入するメリットと注意点

荷物が多い時にかぎってバッグの中で鍵が迷子になってしまったり

遅い時間の帰宅で鍵穴が見えづらかったりして

玄関ドアの施錠や開錠にイライラすることってありますよね。

 

そんな不満を解消するため、自宅の新築やリフォームの際に

施錠や開錠がストレスなく行え、防犯面にも優れている

「スマートキー」を導入される方が増えています。

 

今回は、スマートキーにはどんな種類や特徴があるのかを解説します。

また、導入するメリットと注意が必要なポイントについても併せて紹介しますので

玄関ドアの「鍵」を検討する際の参考にしてくださいね。

 

 

【スマートキーとは?】

 

スマートキーとは

従来のように金属製の鍵を鍵穴に差し込んで施錠や開錠をするのではなく

リモコンやカードなどを利用して施錠や開錠をする電子錠システムのことです。

 

スマートキーには様ざまな種類がありますから

それぞれの特徴を確認していきましょう。

 

《カードキー》

 

カードキーとは

磁気カードやICカードをセンサー部分にかざして

玄関ドアの施錠・開錠するスマートキーです。

 

スマートキーに対応している携帯電話であれば

専用アプリを利用して携帯電話をかざすことでも操作が可能です。

 

駅の改札を通るときのICカードや携帯電話をかざすようなイメージで

素早く玄関ドアの施錠・開錠ができます。

 

磁気カードやICカードなどの「鍵」を取り出して

センサー部分にかざす手間はあるものの

「鍵」を携帯電話のカバーやお財布の中などにかさばらず収納しておけることや

「鍵」に電池交換の必要がないことは魅力です。

 

《リモコンキー》

 

リモコンキーとは

リモコンキーとセンサーが一定の距離になったときに

施錠・開錠が可能になるスマートキーです。

 

リモコンキーが玄関ドアに近づくと自動で開錠し

玄関ドアから離れると自動的に施錠します。

(メーカーや設定によって若干の違いがあります)

 

バッグの中にリモコンキーを入れておけば「鍵」を取り出す必要がなく

また、リモコンキーのボタンをピッと押すことで

離れた位置からも操作できますから

車の鍵を開け閉めするイメージで便利に利用できます。

 

注意が必要なのは

玄関ドアとリモコンキーが一定の距離以内になると

施錠・開錠できるような状態になってしまうため

リモコンキーの保管場所は玄関から離しておく必要があります。

 

また、リモコンキーは電池によって作動していますから

一定の期間使用すると電池交換が必要になってきます。

 

 

《暗証番号キー》

 

暗証番号キーとは

玄関ドア近くの壁面に設置された操作盤に

暗証番号を入力して施錠・開錠するスマートキーです。

また、オートロックで施錠する設定も可能です。

 

家族で決めた暗証番号で開錠するため

「鍵」を持つ必要がなく

鍵を無くしたり、持ち出すのを忘れてしまったりする心配がないことが

最大のメリットです。

 

しかし、暗証番号のみで開錠しますから

指の動きで暗証番号を他人に知られてしまうことがないよう

周囲の視線には注意するようにしてください。

また、定期的に暗証番号を変更することも防犯の上では有効です。

 

 

【その他の注意点】

 

《電気式と電池式》

 

スマートキーを導入するにあたり知っておきたいこととして

錠システムには、「電気式」と「電池式」の2種類があることです。

 

「電気式」の場合、

住宅内の他の電気配線と同様に通電しているため

電池交換の必要はありませんが停電時に作動しなくなります。

 

停電時の動作は商品によって異なりますが

施錠されていれば施錠したまま

開錠していれば開錠したまま作動しなくなるタイプが多いです。

 

停電時に施錠されている場合には

玄関ドアのハンドルのカバーを外すと非常用の鍵穴がありますから

従来のように鍵穴に鍵を差し込んで開錠します。

 

「電池式」の場合、

電池交換の手間はあるものの

電池からの電気を利用しているため停電しても使用できます。

 

個人的には、

ただでさえ急な停電で動転している中

ライトで照らしながらカバーを外して非常用の鍵穴を探し

鍵を差込み開錠しなければいけないことを考えると

電池交換に多少の手間がかかっても「電池式」の方が安心かなと思います。

 

《オートロックの設定》

 

オートロックの設定にした場合は、ドアが閉まると自動で施錠されるため

鍵の閉め忘れに対しては非常に安心です。

 

ですが、ゴミ出しなどのちょっとの外出時に

鍵を忘れてしまわないよう充分注意しましょう。

 

オートロックで閉まらないようにするボタンも付いているのですが

ボタンを押し忘れ、鍵も持っていない状態で外に出てしまうと

鍵を開ける方法がありません。

 

オートロックで施錠することを考えられている方には

カードキーやリモコンキーと併せて

暗証番号キーもセットで設置することをおススメします。

 

 

【まとめ】

 

スマートキーを導入すると素早く施錠開錠ができますから

悪天候や荷物の多い日には

「採用してよかった!」とその使い勝手の良さを実感できると思います。

 

鍵穴がカバーによって隠れていますからピッキング対策にもなりますし

鍵の複製もされにくいことも嬉しいポイントです。

 

スマートキーの種類や設定によって注意すべき点はありますが

ご自身に合ったスマートキーを選べば大きなデメリットにはならないでしょう。

 

今回ご紹介したそれぞれのスマートキーの特徴を参考に

ご自宅の玄関はどのタイプがピッタリか、検討してみてくださいね。

 

 

 

« »
カレンダー予約はこちら
ページトップへ