MENU

勝手口は必要ですか?メリット・デメリット

マイホームを考えたとき、急に浮上してくる「勝手口」は新居に必要か不要か問題。

 

マイホーム計画中の方の多くは、その時点では賃貸マンションやアパートで生活されていて、賃貸物件には勝手口がない場合が一般的なため、絶対に必要なのかどうか判断しにくいですよね。

 

あれば便利に使えそうだなと、何となくイメージできると思いますが、デメリットについてはイメージが湧きにくいのではないでしょうか?

 

勝手口を設置することには、メリットとデメリットがあります。

「絶対に設置しよう!」と決めている方も、「お金をかけてまで必要なのかな。。。」と感じる方も、勝手口を採用するかどうかを判断する参考にしてみてください。

 

 

【メリット:ゴミを屋外に保管しやすい】

 

家族が増えれば増えるほど、自然にゴミも増えていきますし、地域によってはゴミの収集のサイクルが長い地域もあります。

 

日々発生するゴミを、キッチン内のゴミ箱だけでは管理することが難しくなってくることは充分に考えられます。

 

キッチンからほど近い場所に勝手口があれば、さっと簡単に生ごみや空き缶などのゴミを屋外用のゴミ箱に保管しておくことができます。

キッチン内にゴミのためのスペースを確保せずにすみますし、夏場のゴミの匂いも気になりません。

 

 

【メリット:効率的に家事をこなしやすい】

 

玄関しか外に出る経路がないと、外と内への行き来の全てを、玄関を通って行わなければいけません。

外に出やすいことは家事動線を短くでき、家事を効率的に行うことができます。

 

例えば、洗濯機をスタートさせてから、終わるまでの間に食事の準備をしたり、食器を片づけたりして、洗濯機が終わったらいったん家事を中止し、濡れて重くなった洗濯物を外物干しに干しに出て、また中断した家事の続きをするといった感じです。

 

このように、主要な家事を行うとき、キッチンや洗面脱衣まわりを軸に動く場合が多いですよね。

家事を行う場所から近い位置に勝手口があると、ゴミを出しに行ったり、植栽の水やりや、買ってきた食品を冷蔵庫に収納する場合など、外との行き来に活躍してくれます。

 

 

【メリット:採光・採風しやすくなる】

 

勝手口があると、ドアのガラスの部分から太陽の自然な光を取り込み、部屋を明るくすることができます。

 

また、キッチンから出る調理の匂いや湿気などがこもった時でも、その大きな開口を利用して効率よく空気の入替ができます。

 

光熱費をかけずに部屋を明るくしたり、揚げ物や焼肉の後にすばやく空気の入替ができるのは嬉しいですよね。

 

 

【デメリット:冷暖房の効率が悪くなる】

 

最近は断熱性能が高い勝手口ドアもありますが、基本的には窓と同じで、壁に比べて断熱性能が劣るため外部の気温の影響を受けやすくなります。

特に冬には、外部の寒さが伝わってくることを感じることもあると思います。

 

また、LDK内に勝手口を設けた場合、勝手口を開ける度に外気が入り込みますので、ゴミを出すために勝手口を開けたら、リビング全体の室温が下がってしまい、家族からクレームが出るようなことも。

 

その結果、快適な室温を保つことに冷暖房にコストがかかってしまいます。

 

 

【デメリット:スペースの確保が必要になる】

 

勝手口ドアを設置すると、そのドアまでの通路スペースを確保しなければいけません。

 

キッチンや洗面脱衣室など、もともとそれほど広くない部屋に設置することが多いため、ドアの前に収納家具などが置けなくなります。

手持ちの収納家具や、使い勝手をしっかり確認しておきましょう。

 

また、勝手口から外に出た敷地も、通りやすい通路になるような最低限の幅の確保は必要です。

家の配置計画にも関わってくるため、プランの段階から相談しておきましょう。

 

 

【デメリット:防犯に配慮が必要になる】

 

勝手口は、家の裏手側の見えにくい場所に設置する場合が多いと思います。

人目に付かない出入口は、侵入経路として狙われやすくなるため、防犯対策が必要です。

 

防犯性の高い鍵や格子付きのドアを採用することや、人が通ると点灯するセンサー付きの照明器具の設置を検討してみましょう。

 

また、人が歩くと音がするように、勝手口までの通路を砂利敷きにすることもおススメです。

 

 

【まとめ】

 

便利で家事時短を叶えてくれそうに思える勝手口ですが、デメリットも存在するため、しっかり検討して採用しないと有効に活用できず「なくてもよかった」という後悔に繋がりかねません。

 

また、勝手口を設置しなくても、日常の動線をふまえてしっかり間取りを検討したり、掃出し窓で代用したりすれば、充分快適な生活は送れます。

 

一方で、勝手口を設置して家事がスムーズに行えれば、余裕を持ったゆとりの時間が持てるようになることも考えられます。

 

紹介したメリット・デメリットを参考にして、自分にとって必要かどうか検討してみてくださいね。

 

そして、勝手口を採用する際には、間取りの検討や使い方をしっかりシュミレーションして、「戸建には普通ついているものだから」つけるのではなく、ハッキリとした目的をもって採用してくださいね。

 

 

 

« »
カレンダー予約はこちら
LINE友だち追加はこちら
ページトップへ
LINE友だち追加はこちら