MENU

家を新築する時にTVを壁掛けにする方が増えてます! メリットやデメリットの紹介

家族が一番長い時間を過ごすリビングですから、ゆったりと快適に過ごしながらも、おしゃれで素敵な空間にしたいですよね。

 

リビングを計画する中で、TVは寛ぎの中心となりえる存在ですから、どのように設置するかは重要なポイントです。

TVを壁掛けにするか、しないかを迷う方は多いのではないでしょうか。

 

今回は、TVの壁掛け設置について、メリットとデメリットについてまとめてみました。

 

TVの壁掛けとは?】

 

TVの「壁掛け」とは、テレビボードのような家具の上にTVを置いて設置するのではなく、壁にTVが吊られている状態で設置します。

 

部屋の壁面に専用の金具を取り付けて、その金物にTVを引掛けて設置しますから、正面から金具は見えません。

 

 

【壁掛けのメリットとデメリット】

 

壁掛けの仕組みを確認したところで、メリットとデメリットについてチェックしていきましょう。

 

 

《メリット部屋がスッキリ・おしゃれに見える》

 

TVを壁掛けにする最大のメリットは、部屋をスッキリとおしゃれに演出できることです。

 

従来は、テレビボードの上にTVを置いて設置することが一般的でしたので、TVが薄型になってきたとはいえ、リビングの中でそれなりの場所を取る存在でした。

 

壁掛けにした場合、テレビボードを置かない選択もできますし、壁とTVの距離が近く無駄な空間が少ないため、出っ張り感がなくスタイリッシュな雰囲気を演出できます。

TVは部屋の印象を決める大きな要素のひとつですから、TVまわりをスッキリ見せることは、インテリア性の面からも重要です。

 

《メリットお掃除が楽になる》

 

TVをテレビボードの上に置いている場合、TVの裏側はどうしても配線がごちゃごちゃしてしまいます。

そして、どんなに配線をキレイにまとめておいても、掃除機だけで溜まったホコリは吸い取れませんから、テレビボードを動かしてから配線を雑巾で拭いてキレイにしなくてはいけないので、お掃除は結構大変だと思います。

 

TVを壁掛けにした場合は、TVにつながる配線を全て壁の中に納めることができますので、配線がごちゃつくこともありません。

TVの裏にはホコリは溜まりますが、日常の拭き掃除の流れで簡単にすませることができます。

 

また、テレビボードを置かない選択をした場合は、テレビボードの裏側や下側のお掃除が必要なくなりますから、更にお掃除が楽になります。

 

《メリット倒れる心配がなく安全》

 

TVをテレビボードの上に置いている場合は、固定されていませんから、地震のときなどに倒れてしまう危険があります。

それから、小さなお子さんやペットと暮らす場合は、意図せず倒してしまうことも考えられるため注意が必要です。

 

TVを壁掛けにしておけば、大きな重いTVが倒れてくることがなく安心です。

 

 

《デメリットTVの位置が移動できない》

 

TVを壁掛けにすると、部屋の模様替えをするように気軽にTVの位置を移動できなくなります。

 

壁掛けにする際には、予め壁の中に下地を入れておく必要がありますし、専用の金具を取り付けて、金具にTVを引掛けて設置しています。

更には、その取付位置に合わせて配線工事をしていますから、移動するには工事が必要な場合がほとんどになります。

 

壁掛けの取付位置に不安がある場合や、夏はソファー、冬はコタツというように座る高さが変わりそうな場合などには、上下・左右・前後にTVの向きを変えられる可動式の壁掛け金具もありますから、こういった金具の採用も検討してみましょう。

 

また、子供の成長に合わせて使い方が変化するような子供部屋などには、壁掛けはオススメできません。

 

《デメリット周辺機器との接続に手間がかかる》

 

TVを壁掛けにした場合、壁とTVの距離が近く空間が少ないため、レコーダーやゲーム機器をつなぐ配線の抜き差しが難しくなります。

特に、その接続端子がTVの背面に付いているタイプでは、取付金具と干渉してしまったり、TVを取り外さなければ接続できない場合もありますから注意が必要です。

 

TVを壁掛けにする予定があれば、所持しているTVの接続端子の位置と金具の確認は必須です。担当者へ早めに相談しておきましょう。

TVを新しく購入する場合は、接続端子がTVの側面についているタイプで検討するといいと思います。

 

《デメリットTVの買い替え時に注意が必要》

 

TVを壁に取り付ける金具は、それぞれのTVに合わせた金具を使用します。

 

今までと同じメーカーで同じサイズのTVに買い替えたときには、今までの金具が使える場合が多いのですが、メーカーが変わったり、サイズが変わったりする場合は、取り付ける金具も変更する必要があります。

 

 

【まとめ】

 

ご紹介したようにTVを壁掛けにすることには、メリットとデメリットの両面があります。

 

TVを壁掛けにすると、TVの位置を簡単に移動することはできませんから、使い方が変化するような部屋にはおススメできません。

 

不安を感じる方の理由のほとんどは、この「移動ができないこと」だと思いますが、しっかりと計画して採用すれば避けることができる内容です。

 

特にLDKではキッチン・ダイニング・リビングがそれぞれ、目的や機能が明確なため失敗しにくいと思います。

テーブルやソファーなどの家具の配置や使い勝手を、LDK全体で検討していけば、TVの位置や高さは必然的に決まってきます。年間を通じた日常生活をしっかりとイメージしておくことが大切です。

また、TVの周辺機器をどこに収納するのかも、併せて検討しておきましょう。

 

上手に取り入れることができれば、デザインやメンテナンス、防災面でもメリットが大きいTVの壁掛けですが、それでも不安が残る場合は、可動式の壁掛け金具の採用を検討してみましょう。

 

どうしようか迷われている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

« »
カレンダー予約はこちら
LINE友だち追加はこちら
ページトップへ
LINE友だち追加はこちら