住宅ローンの融資額を決めるとき

本日は家づくりを考えた時に多くの方が視野に入れるであろう"住宅ローン"の中でも融資額について少しだけお話させていただきます。

住宅ローンでやりがちなのが、借りられる金額いっぱいまで借りてしまうことです。融資額を決める時には、借りられる金額から考えるのではなく、返済できる金額から考えることが大切になってきます。

融資を受ける金額が無理なく返済できる金額であれば問題ないのですが、希望額の融資が受けられることになった場合でも、その金額を最後まで返済できる保証はありませんよね。

例え今なら大丈夫かなーと思っても、お子様が生まれたり、進学のための学費や教育費、お車の買い替え時期など、将来起こりうるライフイベントへの備えはできますか?そういった事も視野に入れた上で無理なく返済できる金額を相談して決めていくことが住宅ローンに振り回されない将来をつくります。

しかし、そうは言ったもののなかなか未来のことを想像するのは難しいですよね。そこでおおよその話になりますが、一般的なデータでのお話をさせていただきます。

住宅ローンは、税込年収の25%程度までが返済に無理のない融資額だといわれています。つまり税込年収が400万円の場合、100万円になります。

それを12ヶ月で割るとおおよそひと月あたり約8万3千円になります。こちらはボーナス時に多く払うなどの予定がない場合の計算になりますがだいたいこんな感じで計算してみます。

また、お家は建てて終わりではないので維持費がかかるということも頭に入れて決めていくことをオススメします。

本日は住宅ローンの融資額を決める時に頭に入れておきたいことを紹介させていただきましたが、また改めていざ借りる時のことをお話させていただければと思います。

*・・・・・・・・
人生に寄り添う家づくりを。
10年後・20年後も『クワホームに頼んで良かったよ』と言っていただけるような家づくりを。
子育てに安心な住まい環境をつくり上げることをお約束いたします。
新築住宅・リフォームの施工、資金計画のご相談承ります。
■ TEL 0234-25-0015
■ Mail info@kuwahome.com
■ LINE https://kuwahome.com/line
■ HP https://kuwahome.com/
■ Facebook
https://www.facebook.com/kuwahome/
■ 社長ブログ
https://kuwahome.com/blog
■ スタッフブログ
https://kuwahome.com/staff
・・・・・・・・*