揚げ物は好きですか?

大人も子どもも大好きな揚げ物。唐揚げやフライドポテト、チキンカツやドーナツ。おやつから夕飯の一品まで色々なものがあります。

旬な食材をカラリと揚げるだけで夕飯が簡単にできてしまうので家族が多いお家なんかはありがたいですよね。しかし、揚げた後の油の処理どうしてますか?まさかそのままシンクに流してたりしませんか?

きちんと処理されている方からすると「そんなとんでもない事!」と思われるでしょうが、ある調査によるとそのまま流してしまっている人が51パーセントもいるそうです。

揚げているうちに油も少なくなったし…冷ましてからお湯に混ぜて少しづつ流してるから…など対策を講じているから大丈夫、いやいや、そんな問題ではないのです。

油を排水口に流してはいけない、聞いたことはあると思います。しかし何故ダメなのでしょう?ではどう処理したらいいのでしょう?本日はそんなお話です。

まず、排水管に大量の油が流れると冷えた時に固まってしまいます。そして石のように固まってしまった油が溜まると当然水が流れにくくなってきます。実は排水管詰まりの原因は油であることが多いのです。

運良く(悪く?)そのまま流れていった油たちは川や海に酸化しながら到達するため生物に悪影響を及ぼします。また、下水処理の機能低下の原因にもなり、その機能低下の修繕費は税金から出ます。みんなで気をつければ他のところに税金を使えて町のためにもなります。

家にも悪影響、町にも悪影響、地球にも悪影響。少し楽をしたためにそんなことになってしまうとは…では実際どうやって捨てたら良いのでしょう?

少量の油でしたら、古新聞や油吸収ペーパーなどに染み込ませて生ゴミと一緒に捨てられます。古新聞を使う場合は細く裂いて、空いた牛乳パックか穴の空いていないことを確認したビニール袋に入れて流し込むとよく染み込みますよ。

量が多い場合は油凝固剤が一番簡単に処理できるかと思います。固まったら燃えるゴミにポイできますから。

排水管が詰まってしまって自分ではどうにも出来ず、専門の業者さんを呼ぶとなると、程度などにもよりますが1万円~3万円ほどかかってしまいます。そんなことにならないよう、少し手間ではありますが油の処理は普段からきちんと行いましょう꙳★*゚

*・・・・・・・・
人生に寄り添う家づくりを。
10年後・20年後も『クワホームに頼んで良かったよ』と言っていただけるような家づくりを。
子育てに安心な住まい環境をつくり上げることをお約束いたします。
新築住宅・リフォームの施工、資金計画のご相談承ります。
■ TEL 0234-25-0015
■ Mail info@kuwahome.com
■ LINE https://kuwahome.com/line
■ HP https://kuwahome.com/
■ Facebook
https://www.facebook.com/kuwahome/
■ 社長ブログ
https://kuwahome.com/blog
■ スタッフブログ
https://kuwahome.com/staff
・・・・・・・・*

家づくり相談会