バーベキュー

そろそろバーベキューの季節ですね。自然に囲まれて気のしれた仲間と食べるお肉は格別ですよね。ビール片手についつい食べすぎてしまったり…

 

実は炭の置き方や火のつけ方、選んだ炭などで味が変わってくるってご存知ですか?しかし、特にこだわらなくても遠赤外線で焼きあげた肉はホットプレートでは出せない味わいですよね。

そんなBBQにはかかせない炭ですが、皆さまどうやって処分していますか?自然に還るから~と放置したり、その場に埋め立てたりしていませんか?それ、実はNGなんです!

炭は木炭という木を蒸し焼きにしたものを使用するため、木が主成分だから大丈夫!と思われがちですが、炭素が主成分なんです。

炭素は元素の1つでそれ以上は変化しないため、自然にはかえらずそのまま残ってしまうんです。埋めた木炭を踏んで子どもが火傷をしてしまった事故や、山火事になってしまった例もありますので、安全面を考えても放置したり埋めたりするのは良くありません。

ではどうしたら良いのでしょう?

まず始めに完全に消化することからです。自然消化も可能ですが、消えたなーと思ってから2時間ほどは再燃の可能性があり、完全に消えていないことが多いです。なので最低でも2時間ほどは置いておかなければなりません。

そんなに待てないよ!という方はホームセンターなどに木炭用の火消し壺というものが売っていて、そちらだと酸素を遮断して放置するため早く消えます。

あとは金属でできたバケツなどに水を張り、少しずつ炭を入れていって30分ほど浸しておく、という方法でもしっかり消火できます。

こうして完全に消火したら、持ち帰って燃えるゴミに捨てましょう。施設によっては炭を捨てる専用の場所を設けているところもありますので、そちらがあればそちらに捨てて帰りましょう。その際も完全に消火してからでないと危険なので気をつけてください。

それでは今年も安全と自然環境に配慮してバーベキューを楽しみましょう。

*・・・・・・・・
人生に寄り添う家づくりを。
10年後・20年後も『クワホームに頼んで良かったよ』と言っていただけるような家づくりを。
子育てに安心な住まい環境をつくり上げることをお約束いたします。
新築住宅・リフォームの施工、資金計画のご相談承ります。
■ TEL 0234-25-0015
■ Mail info@kuwahome.com
■ LINE https://kuwahome.com/line
■ HP https://kuwahome.com/
■ Facebook
https://www.facebook.com/kuwahome/
■ 社長ブログ
https://kuwahome.com/blog
■ スタッフブログ
https://kuwahome.com/staff
・・・・・・・・*