MENU

暮らしはじめてからのことまで考えた間取りづくり

30〜35坪ぐらいまでの土地は、

「狭小地」や「狭小敷地」などと呼ばれる

土地の部類に入ってくるのですが、

こういったやや小さめの土地にお家を建てる時は、

暗く閉塞感が気になったり、使いづらく片づけにくい、

などといった家になってしまいやすいため、

そうなってしまわないよう配慮しなければなりません。

 

おはようございます。

有名な考える人の像は地獄について考えているなどの

説がありますが、実はベストな間取りを考えている

のではないかと勘ぐっている桑原です。

 

一般的に、このような狭小地で

お家を建てるとなると、

2階建てになるのが当たり前のようになっています。

 

そして1階には、

水回りとリビングダイニングキッチンがあり、

2階には、寝室や子供部屋が配置されますが、

このようなお家づくりをしたときに

犯しやすい失敗がいくつかあります。

 

〇窓を多く作る〇

少しでも光が入るようにと

窓を多くつくったことで、

逆に家の中が丸見えになってしまい、

結局カーテンを開けることが出来なくなり

お家の中が薄暗くなってしまった…

 

〇収納の確保〇

スペースを優先したために収納が不足してしまい、

片付けがしにくく、いつも散らかっている

掃除までしにくいお家になってしまった…

 

〇洗濯動線〇

洗濯という家事は洗濯機から出した後

干して→取り込んで→たたんで→片付ける

全ての流れを考えて動線をつくっていないと、

住みはじめてからその動線の悪さと不便さに

気付くことになってしまった…

 

といったことです。

生活面においてマイナスな影響が出てしまうというわけです。

 

ネガティブなことばかり言ってしまいましたが、

だからこそ光の採り込み方や収納のつくり方、

そして家事動線のこと、実生活のことを考えながら、

間取りを考えるようにしなければいけないというわけです。

 

◆理想的な導線をつくりながらも景観にも配慮する◆

例えば、

実家の隣に建っていた古い家を取り壊し、

建て替えを行ったこちらの住まいは、

毎日しなければいけない洗濯の

ひととおりの作業がとっても楽チンになるような

間取りをご提案させていただいております。

 

一般の方が見たら「ここに家を建てるの?」

と思うぐらい狭い土地でした。

しかし、このような敷地条件の中でも

そういったお家づくりは可能なのです。

 

このお家が建つ土地は、

道路に面しているのが南側であるため、

1階の一番北に水回りを配置し、

2階の一番南にベランダをつくり、

そこに洗濯物を干すという間取りを

つくりやすい土地だったのです。

 

ですが、その間取りにしてしまうと、

水回りは薄暗くて寒くなってしまいます。

その上、水回りが北側の端ということは

脱衣室から一番遠いところまで

重い洗濯物を運ぶことになります。

毎日、階段を上り下りしながら…

考えるのも嫌になりませんか?

 

しかもこれって、歳をとるに連れて

段々と辛くなっていきますよね?

足腰が弱くなってきたらどうしましょう。

 

それゆえ、広さが限られた土地ではあるものの、

こちらのお家では、1階で洗濯作業の

全てを終わらせることが出来る間取りとさせていただきました。

 

まず、洗面脱衣室を少し広めにつくり、

かつ南向きにさせていただきました。

そして、その窓の向こうには、

洗濯物が干せるデッキをつくらせていただきました。

 

広めにして外にデッキを作ることで、

晴れた日は洗濯機からわずか数歩で、

洗濯物を太陽が当たる場所に干せますし、

花粉や黄砂が気になる時期は、

太陽が射し込む洗面脱衣室に

室内干ししておくことも出来るんです。

 

また、リビングからもそのデッキへ

行き来できるようにしているため、

リビングに乾いた洗濯物を取り込むことも出来ます。

 

さらに!さらに!リビングの近くに、

ファミリークローゼットをつくっているので、

そのまま乾いた洗濯物をクローゼットの中にある

ハンガーパイプに干しておくこともできます。

 

そのまま吊れるものは、

吊っておけばいいのです。

全部たたむのも大変ですから。

畳みジワもつきませんしね。

 

もちろん、洗濯物を干すデッキは、

外から丸見えにならない場所につくっているし、

見えないように目隠しもしているため、

家の景観も美しい状態のまま維持出来ます。

 

いかがですか?

お家の景観も保ちつつ、

理想的な動線の住まいに

なっているのではないでしょうか?

 

興奮して鼻息荒く話してしまいましたが

今回はここまでにして、

次回も引き続きこちらの住まいについて、

別のアングルからお伝えしていきたいと思います。

 

それではまた!

 

*・・・・・・・・
人生に寄り添う家づくりを。 10年後・20年後も『クワホームに頼んで良かったよ』と言っていただけるような家づくりを。
子育てに安心な住まい環境をつくり上げることをお約束いたします。
新築住宅・リフォームの施工、資金計画のご相談承ります。
■ TEL 0234-25-0015
■ Mail info@kuwahome.com
■ LINE https://kuwahome.com/line
■ HP https://kuwahome.com/
■ Facebook
https://www.facebook.com/kuwahome/
社長ブログ
https://kuwahome.com/blog
スタッフブログ
https://kuwahome.com/staff
・・・・・・・・
*

« »
カレンダー予約はこちら
ページトップへ