明るさが一日中続くお家のつくり方

開放感があり、明るい家にするためには、

カーテンを閉めなくても良い窓をつくり、

窓から入ってくる光を拡散させて

お家にいきわたるようにすると良いのですが、

残念ながらほとんどの家は

そうなっていないのが現状です。

 

おはようございます。

明るいお家の中で光合成しそうな桑原です。

 

よくあるのが、

朝から明るくあってほしいキッチンなのに、

小さめの窓であったり、北に配置されていたりで

朝も夕も薄暗く、電気なしでは

居られない場所になってしまっているパターン。

 

それとは逆に、日光がたっぷり入ってくる

大きな窓の明るいリビングのはずが、

日差しが眩し過ぎ、暑くなり過ぎる…

しかも外から丸見えになってしまい、

遮光カーテンやシャッターを閉め切って、

電気なしでは過ごせない場所となってしまった。

 

そして、ただでさえ薄暗いキッチンを

より暗くしてしまう原因となってしまう…

 

なので、家全体をまんべんなく

明るく保てるようにするために、

単純に南の方向に大きな窓をつくるのではなく、

どんな土地だったとしても

敷地に合わせて、光の採り込み方を

変えるようにしないといけないという事です。

 

狭小地(狭い土地)でも安定した明るさを保つ

 

こちらのお家は、南側が道路に面しており、

日当たりが良い土地に建っていますが、

その道路の交通量が比較的多いため、

単純に南に大きな窓をつくってしまうと、

家の中が外から丸見えになってしまいます。

 

なので、あえて1階の南には窓をつくらず、

リビング上部に吹抜けをつくり、

リビングダイニングキッチン全体に、

光がいきわたるようにしました。

 

〇吹き抜けのメリット・デメリット

吹抜けがあると熱がそこに逃げて

リビングが寒くなるような気がして、

諦めようと思っている方も

多いのではないでしょうか?

 

しかしそのネガティブな側面は、

使用する断熱材、熱と気密の強化、

廊下をはじめとした

無駄なスペースをできる限りカットすることで

最小限の大きさの家をつくることが出来れば

大幅に緩和することが出来ます。

 

尚且つ、吹き抜けから得られる

素晴らしい恩恵に

心打たれること間違いなしです。

 

何と言ってもこちらの住まいは、

朝から夕方まで一日中、

吹抜けの窓から太陽光が入り続けます。

光を遮るものが何もないですからね。

 

朝は、東から入ってきた光を

吹抜けの西側の壁がはね返して、

反射光として室内へと広がります。

 

お昼は、室内にたんと光が降り注ぎます。

特に、太陽高度が低くなる冬は、

奥にあるキッチンの方まで

光が射し込んで行くので、

キッチンが北にあろうとも

明るく暖かい場所になります。

 

夕方は、西から入ってくる光が、

今度は吹抜けの東側の壁に反射し、

反射光として室内へと拡散。

 

このようにして、こちらの住まいは、

リビングダイニングキッチンを

一日中コンスタントに明るく保つことが出来る

というわけです。

 

明るいだけではなく、

開放感も心ゆくまで感じられますしね。

 

また、一見デメリットでしかない

熱が逃げるという点に関しても、

吹抜けの壁に面してつくった2階の部屋に

その余熱が伝わると考えれば、

メリットにもなりうるのです。

 

例えば、こちらの住まいは、

吹抜けに面して寝室をつくっているのですが、

冬の夜に寝室へ向かう時、おそらく、

リビングからの余熱が寝室に伝わっていることで、

多かれ少なかれ寒さが緩和されることでしょう。

 

吹抜けに面する部屋が子供部屋である場合も、

親と子供がお互いの気配を感じやすくなるため

疎遠になりがちな2階の子供部屋を

子供たちが安心して使ってくれる

かもしれないですしね。

 

つまり、吹抜けを使いこなすことで、

家全体を無駄なく使うことにもつながる

というわけです。

 

いかがですか?

 

「アパートや実家のように、

薄暗い家は絶対に嫌だ!」

 

「自分は明るくて暖かい家がいいな」

もし、あなたがそうお考えであれば、

 

「家にはカーテンがあるのが当たり前」

という偏見と、

「常に一番南には大きな窓をつくるべき」

という意識を、

一旦箱にしまっていただければと思います。

 

それではまた(^^♪

 

*・・・・・・・・
人生に寄り添う家づくりを。 10年後・20年後も『クワホームに頼んで良かったよ』と言っていただけるような家づくりを。
子育てに安心な住まい環境をつくり上げることをお約束いたします。
新築住宅・リフォームの施工、資金計画のご相談承ります。
■ TEL 0234-25-0015
■ Mail info@kuwahome.com
■ LINE https://kuwahome.com/line
■ HP https://kuwahome.com/
■ Facebook
https://www.facebook.com/kuwahome/
社長ブログ
https://kuwahome.com/blog
スタッフブログ
https://kuwahome.com/staff
・・・・・・・・
*

家づくり相談会