親御さんに援助を受けられる場合の注意点

本日はマイホームを考えた時に、親御さんから金銭的援助を受けられる、という場合の注意点などを少しお話していきたいと思います。

まず、お金を全額・一部もらう、などダイレクトに援助してもらえる場合ですが、贈与税がかかる可能性があります。もらう金額でどの制度を利用するか検討する必要があります。

①住宅取得資金等贈与の特例
②相続時精算課税制度
おおまかにこの二つの制度が使えることになりますが、建てるお家の金額などによっても非課税の枠が異なります。

また、直系尊属からの贈与でないと使えない、建てるお家の大きさなど条件も様々ございますので自分に当てはまるか確認しておきたいところですね。

次にお金を貸してもらう、という場合です。
「住宅ローンを組むと金利がもったいないので親から借ります。」というパターンです。この場合、借用書・返済履歴などの書類準備が必要になります。

金利をきちんと設定し、金利と元金の返済は必ず銀行振込等の日付や金額の履歴が残る方法で行ってください。

最後に共有名義にする場合ですが、贈与税・所得税の課税がなくなり、家計に負担がなくなります。ただし、共有名義にするにあたっての条件を満たす必要がでてきます。最初から親との同居が決まっていて援助が受けられる場合は確認してみる価値ありですね。

以上が親に金銭的援助を受けてマイホームを建てる場合の注意点になります。ご参考にしていただければと思います。

*・・・・・・・・
人生に寄り添う家づくりを。
10年後・20年後も『クワホームに頼んで良かったよ』と言っていただけるような家づくりを。
子育てに安心な住まい環境をつくり上げることをお約束いたします。
新築住宅・リフォームの施工、資金計画のご相談承ります。
■ TEL 0234-25-0015
■ Mail info@kuwahome.com
■ LINE http://kuwahome.com/line
■ HP http://kuwahome.com/
■ Facebook
https://www.facebook.com/kuwahome/
■ 社長ブログ
http://kuwahome.com/blog
■ スタッフブログ
http://kuwahome.com/staff
・・・・・・・・*