加湿器使用時の注意点

ヒーターやエアコンまだ使ってますか?最近暖かくはなってきたものの、まだまだ朝晩は冷えますから使用しているご家庭が多いのではないでしょうか。

ヒーターやエアコンを使うと気になるのが乾燥です。乾燥するとお肌や髪の調子も悪くなりますし、風邪も引きやすくなりますのでよくありません。

そこで多くの方が使うのが加湿器になるかと思います。手軽に加湿することが出来ますし、気になった時にすぐ使えるのがいいですよね。アロマを楽しむ方にも大人気です。

加湿器にも色々な種類があります。従来からあるスチームタイプに加え、超音波タイプ、気化式などもありますね。超音波タイプは熱くならないので小さなお子さんがいても安心して使用できます。

お部屋を加湿することは大切ですが、本日は意外な注意点を紹介させていただきます。まず、過加湿とはご存知ですか?言葉の通り加湿しすぎた状態を指します。

お家の中ではおおよそ40%くらいの湿度が最適と言われています。加湿しすぎると、ダニやカビの原因になります。壁などにカビが発生すると普通の掃除で落とすことが困難になりますので気を付けていかないといけないですね。

また、置く場所にも注意が必要です。木の柱や木製の家具などの近くに加湿器を設置してしまうと、木が吸湿してしまい弱くなってしまいます。水に弱いものの近くに置かないよう注意してください。

水に弱いものといえば紙や食品、電化製品も要注意ですよ!なるべく位置的には部屋の真ん中あたりで、直置きではなくテーブル等の上に置くのが良いかと思います。

適切な加湿を行うことで体感温度もあがり、体の調子を整えることにも役立ちます。上記2点に気を付けて適切な加湿をしていきましょう。