二世帯住宅のタイプ

二世帯住宅ってなんでしょう?なんとなくのイメージはあるものの、どういった二世帯住宅があるのでしょう?

本日は二世帯住宅についてのメリット・デメリット、住宅のタイプなどについてお話させていただきます。

まず二世帯住宅を選ぶときに大切なのはお互いストレスを抱え込まなくてよく、気持ち良く住むことができる住宅づくりになります。

まずは完全同居タイプ。生活で使うスペースのほとんどを共用とし、寝室等のプライバシーのある部分のみ分けて暮らします。

片方の実家に夫婦で入る場合にこの形態になることが多いように感じます。既にある家に住む場合は金銭面でのメリットが大きく、またお子さんが小さい場合などに見てくれる人が増える安心などもありますね。

デメリットとしては生活時間帯や生活習慣が違う場合、お互い歩み寄る必要がでてきます。

お次は部分共用タイプの住宅です。二世帯住宅を新しく建てる、と聞いたり考えたりした時、こちらのパターンを想像する方が多いのではないでしょうか?

玄関共用タイプは玄関のみを共用して家に入るとすぐに子世帯が生活する二階部分へつながる階段と、親世帯が生活する一階部分のドアがあるような住宅になります。こちらだと生活する上で顔を合わせるのが玄関のみになります。土地が1つで良いというメリットがありますが、お風呂やキッチン、トイレなどが全て2つづつになるのでお家にかけるお金は増えていきます。

そこで、もう少し共用部分を増して費用を抑えるために浴室を共用にしたり、リビングを共用にしたり、キッチンを共用にしたりするパターンが加わってきます。ここは一緒でもいいよね~と思うところや、ここは絶対に別じゃないと!という部分は人それぞれ違います。特に、小さなお子様からお年寄りまで一緒となると食べられる物や食の好みなどが違ったりすることも多いのでキッチンだけを分けたりする方もいらっしゃいます。

あとは完全分離タイプです。離れて暮らすのは心配だけど生活時間帯のズレやプライバシーの事を考えると一緒に暮らすのも…という方が選択されることが多いのがこのタイプの住宅です。

共用部分が全く無く、一階と二階、または縦に二分した形の住宅です。二世帯住宅の形態としては一番お金がかかりますが、お隣さんくらいの距離感なので一番ストレスフリーに過ごせる住宅でもあります。

一口に二世帯住宅と言っても形は様々ですね。一番自分たちの家族に合った方法を選んでベストな選択をされてくださいね。

*・・・・・・・・
人生に寄り添う家づくりを。
10年後・20年後も『クワホームに頼んで良かったよ』と言っていただけるような家づくりを。
子育てに安心な住まい環境をつくり上げることをお約束いたします。
新築住宅・リフォームの施工、資金計画のご相談承ります。
■ TEL 0234-25-0015
■ Mail info@kuwahome.com
■ LINE http://kuwahome.com/line
■ HP http://kuwahome.com/
■ Facebook
https://www.facebook.com/kuwahome/
■ 社長ブログ
http://kuwahome.com/blog
■ スタッフブログ
http://kuwahome.com/staff
・・・・・・・・*